★エッセンシャルオイル注意事項 その1★ 【禁忌事項】

こんにちは^^


ラベンダーをこよなく愛するうににです。
 

皆さんGWはいかがお過ごしでしたか?
 
楽しい思い出はできましたかー^^
 

うににの今年のGWの思い出は、
 
まじめにブログ開設し、毎日最低1記事は書く!!!
 
という目標設定をした事です。
 

うにには平日は会社勤務です。。
 
同じ状況の人はたくさんいらっしゃると思いますが。。
 

GW明けの月曜日に自らおしりを叩いて
 
なんとか重い腰をあげました。
 

プログ開設3日目にして早くも挫折気味の様子が垣間見れる・・
 
そんな感じです。
 

ブログタイトルも
「ストレスが少し増えるドランカーライフ」とかに
変更するかもしれませんよ。

あと、ラベンダーが好きすぎて先日種を花屋さんで買いました。
買って満足して何もしてません!!!
 
 
さてさて、、、本題に移りたいと思います。

今回のテーマは
 

エッセンシャルオイル注意事項 その1★ 【禁忌事項】
 
 
アロマテラピーの歴史や、
 
基本ルールや、
 
使用例や、
 
ラベンダー以外の精油等、、
 
いろいろお伝えしたい事はあるのですが、、
 
まずは、禁忌事項を取り上げたいと思います。

妊娠初期の妊婦さんは原則精油の使用禁止ですし、
 
高血圧やてんかん患者の人等は、
 
避ける、もしくは使用してはいけない精油があります。
 
まずは基本ルールからお伝えしようと考えてましたが、
 
ここは敢えて、禁忌事項を先に。
 
アロマテラピーを学んだ時は、
 
【禁忌事項】と聞いただけでなんだか怖いし、
 
個人的には最初に知りたい情報でした。
 
 
という事で、
さっそく始めてまいります!!
 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

エッセンシャルオイル注意事項 その1★
【禁忌事項】
 
 

①高血圧

避ける精油
 
◇ペパーミント
ユーカリ・グロブス
ローズマリー

刺激強めの精油は高血圧の人には不向きですね。。
 
 

てんかん患者

避ける精油
 
◇シダーウッド(アトラス、バージニア
◇セージ
ヒソップ
フェンネル
◇ペパーミント
◇ヤロウ
ユーカリ・ディべス
ローズマリー(カンファー、ベルベノン)

種類が多いです。。
こちらも刺激強め。
注意が必要ですね><
 


③腎臓の障害

避ける精油
 
◇ジュニパー
フェンネル
◇ブラックペッパー
 
デトックス効果が高い精油が中心。
腎臓に負担が掛かるからでしょうか。
 
 

④妊娠初期

原則として、精油の使用は禁止。
特に下記の精油は注意する。
 
カモミール(ジャーマン、ローマン)
◇ラベンダー  ← 残念ながら。。
◇ローズ

うにには全部好きな精油なので非常に残念ですが。。
妊娠初期は一番大切な時です。
アロマテラピーとは距離を置くことをお勧めします。
 


⑤妊娠中期・後期

避ける精油
 
◇アンジェリカ
◇キャロットシード
◇クラリセージ
クローブ
◇シダーウッド(アトラス、バージニア
◇ジュニパー
ジャスミン
◇シナモン
◇セージ
◇ニアウリ
ネロリドール
◇タイム・チモール
◇バジル
パルマローザ
ヒソップ
フェンネル
◇ペパーミント
◇メリッサ
◇ヤロウ
ユーカリ(グロブルス、シトリオドラ)
◇ラベンダー・ストエカス
レモングラス
ローズマリー(カンファー、ベルベノン)

いっそのこと、妊娠初期と同様に
原則禁止にしてくれればいいのに、、
と思うほど多い!!!!!
 
 

⑥授乳中

避ける精油
 
◇シダーウッド・アトラス
◇シナモン(葉、樹皮、カシア種)
◇セージ
◇バジル
ヒソップ
フェンネル
◇ペパーミント ← 登場回数多すぎ、、
◇ヤロウ
ローズマリー(カンファー、ベルベノン)

刺激物は母乳に影響が出るのでしょうか。
それにしてもペパーミントの禁忌率高いですね。
 
 

⑦飲酒時

避ける精油
 
◇クラリセージ

飲酒後に使用すると、
悪酔いする事があるそうですよ。
 


⑧高濃度の使用

避ける精油
 
◇イランイラン
◇オウシュウアカマツ
クローブ
◇サイプレス
ジャスミン
◇ジンジャー
◇ブラックペッパー
◇ペパーミント
◇メリッサ
◇ヤロウ
ユーカリ(グロブルス、シトリオドラ)
レモングラス
ローズマリー(カンファー、シネオール、ベルベノン)

香りが強めな精油が揃いました。
 
 

⑨集中したいとき

避ける精油
 
◇イランイラン
◇クラリセージ
ジャスミン
ネロリ
◇プチグレン
◇マージョラム

非常にリラックスできる精油が揃いました。
 
 

⑩光毒性

フロクマリン類が含まれている精油
皮膚に直接つけてから日光に当たると炎症やシミを
起こすこと。
 
フロクマリン類を含む精油
 
◇アンジェリカ
◇オレンジ
◇グレープフルーツ
ベルガモット
◇マンダリン
◇ユズ
◇レモン

基本柑橘類。どれも爽やかないい香りですが、
手作り化粧品には入れない方がいいです。
フロクマリンフリー(略してFCF)の精油もあるそうです。


⑪敏感肌

オレガノ
クローブ
◇サイプレス
◇シナモン(葉、樹皮、カシア種)
◇ジュニパー
◇ジンジャー
◇タイム(特にチモール、パラシメン)
◇ティーツリー
 
ティーツリーは小さいお子さんも使用可能と
参考文献にはありますが、
敏感肌さんには不向きなのですね。
 
 
参考文献はこちら。
(尊敬してます!!めちゃくちゃ分かりやすいです!!!)
アロマテラピーの教科書―いちばん詳しくて、わかりやすい! アロマテラピーの教科書(著:和田 文緒さん)
 
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 
 
禁忌事項改めて振り返ると、
 
あまり使用しない精油もありますが、
 
身近な精油、ペパーミントが頻出していますね。
 
好きな精油の一つですが、
 
改めて取扱いに注意したいと思います。
 

順序が逆かもしれませんが、
次回のテーマはこちら。

エッセンシャルオイル注意事項 その2★【基本ルール】

ではでは。
うににでした。